大家さん募集 ホームページ大家になろう!

自己破産する家主の増加

客に断たれたアパートは、
不動産業者に安く借上げ、買上げられる

首都圏のアパート空室率が止まりません。相続税対策でアパート建築がとまりません。

需給ギャップから見ても明らかに入居者見込みが立たないのに、サブリースで賃貸アパートが新築されています。地主が今もアパート神話、不労所得の幻想に勝てないでいます。低金利、ましてやフルローンで不動産投資ができる!と言われると自分だけは大丈夫!上手く行くだろう!と不労大家の誘惑に負けてしまう。

不動産投資、何も長期計画を立てられる論拠がありません。不動産会社や銀行は、契約書で未然を担保していますが、実体経済は決して大家の味方はしてくれません。この業界には、お客様と言う概念がありません。あるのは法律用語だけです。それだけトラブルの火種を抱えているからです。

こうして、多くの不動産は業者の手に移ってゆきます。この家主破産が、不動産ビジネスの原資になっています。運用能力のない者に勝ち目はありません。

業界は、お客を集められる仕組みを持った業者の独占場です。大家さんは、不条理な条件を飲んで客付けしてもらうしかありません。物件によっては客付けのできない場合も出ます。


お客様争奪戦に勝つ!

お客様の数が賃貸の事業規模を決める。空室率30%を超えている現下、如何に自分のアパートに集客するか?賃貸経営が、客付け能力に掛かっています。サブリースには、家主に営業権がありません。事業保障するものではなく、時間が経つほどに、収入が減る仕組みになっています。数字から見て、多くの大家さんが、どこかで契約を解除せざるを得ません。だから、どんな大家さんにもお客様争奪戦に勝つ独自の客付けの仕組みが必要です。


自己破産する家主が増加
業者にカモにされた医者や外資系サラリーマン

金融緩和で融資条件が緩くなり、新たに不動産投資を始めたサラリーマンが、条件の悪い物件を購入し、破産する問題が浮上している。共通するのは、医者や外資系企業勤務者など高所得者だ。その裏で、金融機関と不動産会社の癒着や、悪質なコンサルティング会社も暗躍している。大家さんはいい加減、アパート建設業者に騙された!とか言ってないで、自分の無知、勉強不足を恥じた方がいい。そもそも消費者じゃなくて事業者なんだから、言い訳はできない。(全国賃貸住宅新聞)

慢性的な客不足の中で、仲介業者は、地主家主(新築、借上げ、買上げ)に業態を変え、生残りを図っています。集客したお客様を優先的に自社管理物件に付けられるからです。

全国ネットワークの賃貸ショップは、賃貸開発会社、サブリース会社と業務連携し、客付けを優先的に担っています。また、自社物件や管理物件も優先します。独立系の大家さんにはおこぼれしか回ってきません。地元の不動産会社は賃貸よりも売買を優先しています。このままだとフリーの大家さんは客に断たれてしまうだけです。


大家たちの集客システムが必要

大家さんが、”ホームページ大家さん!”になってピンポイントで日本中から見込み客を集めます。私たち大家ネットの推進している”大家さん、ホームページを持とう!大家一頁運動”です。大家さん一人ひとりが、賃貸のプレーイングマネージャーなって集客する力を持ちます。

 ⇒大家たちが客付けシステムをつくる!これが大家ネットです!


金融庁・日銀、アパートローンの監視強化 過剰供給リスクで

金融機関による個人の貸し家業向け貸出(アパートローン)の急増に対し、金融庁・日銀が監視を強めている。相続税対策や超低金利を背景に、貸家の建設・取得需要が増大。空室率の上昇など供給過剰感が出始めたためだ。(2017.04)


 →大家ネット構想 家主が大家になる!

 →ホームページ大家 大家がホームページ大家になる!

 →オンライン大家 いつも客とつながっている


大家ネット構想 Step_1 ホームページ大家  Step_2 ネットワーク大家  Step_3 ソーシャルネットワーク大家


あなたが街のホームページ大家!




大家ネットは、(有)産広シーアールが運営しています。当社は、不動産会社ではありません。大家でもありません。成果報酬を請求するネット商社でも営業代行会社でもありません。広告会社です。まだ、大家さんは,インターネットの醍醐味を知らないでいます。大家さんに、ホームページで大家宣言すると、自分で集客できるんだ!と言う”驚きと喜び”を味わっていただきたい。そして、大家さんひとり一人がホームページを持ち、ネットワークを組み、共同受注、相互客付けのできる大家仲間を作っていただきたい。これを実効するメソッドが大家ネットです。

貸し手と借り手でつくる賃貸ネットワーク!大家ネット

通信情報ネットワーク 一社一頁運動!glocal21

☆ライフライン&セイフティネット「結い」☆
the United People of Japan


クリア・ウオーター・リバイバル
水につながるふるさと
Clear Water Revival from Azumino,Shinsyu

(C)インターネット安曇野