【大家メソッドSTEP2 大家の共生】

大家のネットワーク


STEP_2
大家のネットワークによる集客体制

集客できる大家が結束したら、一体、何ができるか?共同受注、相互客付けができます。これが大家ネットの醍醐味であり、目指す姿です。これに賛同し、ここに日本中の大家さんが大同団結すれば、待望の大家主権の賃貸システムが出来ます。

ホームページは、24時間365日年中休むことなく稼動しています。従って、満室になっても、日本中から引合い情報を集めます。条件に合わない、満室だと言って断ってしまえば、共同体としての意味がなくなります。自分ではお金にならない情報を誰にシェアすれば価値を生むか?この仕組みが大家ネットです。

情報を、お互いに分かち合い、情報のシェアで満室経営を担保します。この情報の貸し借りに証文をもってしない。アパートを満室にすることが大家ネットの目的です。ネット商社のように情報の売買はしません。情報は情報をもって報いる。仕事の借りは仕事で返す。このお互いさまが大家ネットの仕事のルールです。

隣の大家さんを商売敵だと思い込んでしまうと大家ネットは機能しません。自立できない大家さんがいくらネットワークを組んでも共同受注、相互客付けはできません。大家さん一人ひとりが、ホームページ大家になって直接取引のノウハウを身に付け、自立経営を行います。自立した大家が、意識的に、ネットワーク(共同体)づくりを進めてゆくと、街の賃貸ショップを遥かに超えた集客力を生み出します。

大家ネットは、地域の大家仲間が、お互いの仕事を熟知し、お互いに気にかけ、客付けの手助けをします。仕事を紹介したりされたりします。競争から共生の中にあるビジネスです。こう考えると楽しいですね!これがお互いさまの大家の賃貸経営です。


STEP_3 →貸し手と借り手でつくる賃貸ソーシャルネットワーク


大家の自立!大家 賃貸 直接 交渉 契約 取引!大家ネット


Step_0 家主大家構想 Step_1 ホームページ大家  Step_2 大家ネットワーク  Step_3 賃貸ソーシャルネットワーク




《メモランダム》


オープンネットワーク!

大家さんのホームページを1000人分つくったとします。一枚一枚がお客様とつながります。ページ検索の対象になります。インターネットのお客様窓口が1001個できます。大家ネットの営業マンが、1001人いることを意味します。だから、営業マン一人ひとりが、主になり、ネットワークを組むと、一人ではできなかった共同受注、相互客付けができます。


大家に大きなメリット

大家のホームページは、お客様からのレスポンス(引合)が直接、大家さんに入ります。これをダイレクトにお金にできます。お客を業者から買わずに済みます。ボタンの掛け違いのない契約が出来ます。トラブルを未然に防げます。これが大家ネットの最大の特長です。”大家ネットを選んで良かった!”と言っていただける理由です。


ネットワークは数!数のマーケティング!

インターネットに精通すればするほどお分かりいただけるかと思います。大家さんの賃貸ホームページを千人分つくったとします。ホームページ、一頁一頁に独自の集客力があります。

インターネットにお客様窓口が1001個できますが、単に、1×1001の集客力ではありません。
イメージ的には、A×B×C×D×E×F×G×・・・=これが、大家ネットの可能性の質量、ソフトパワーです。

積算がネットワークの醍醐味です。レバレッジが掛かります。

大家ネットは、ネットワークのレバレッジを最大限に生かせるオープンネットワークになっています。
ホームページ大家さんが、増えれば増えるほど相乗効果が向上します。これがオープンネットワークの凄さです。

大家ネットは、大家のヒューマンネットワークと情報通信ネットワークの持つマーケティング機能を最大限に活かした集客システムです。
常に集客しなければならない大家さんにとって、大家ネットは最適なつくりとなっています。


生物学的成長

大家が、共感できる理念を共有できれば、大家のネットワークは、24時間365日、時間とともに成長します。家賃収入と、お金を生み出す集客の仕組みが同時に育ってゆきます。


共同受注

アパート大家が一人ひとりホームページをもって集客します。あなたの街に、ホームページ大家が10人集まれば、10人10様のホームページの集合体、賃貸経営ネットワークができます。この10人のホームページの共通のキーワードは地域名です。結果として共同受注していることになります。


相互客付け

一人ひとりの大家は、自分の賃貸プラン、仕様に合った、収容能力に収まるお客様と契約を結び、それから溢れたお客様は地域のホームページ大家にシェアします。


信頼関係がシェアリングエコノミーを形成

隣の大家さんを商売敵だと思い込んでしまうとお互いに分ち合える仲間はできません。孤立化した経営になってしまいます。自立できない大家がいくらネットワークを組んでも戦略的互恵関係はできません。

ホームページ大家が、シェアリングエコノミーの認識(共同受注、相互客付け)を持って、仲間づくりを進めてゆくと、仲介手数料の要らない客付けシステムができます。結果、経営のセーフティーネットワーク以上、勝ち続ける大家の組織ができます。



互恵関係

大家ネットは、24時間365日休むことなく稼動しています。従って、満室になっても、引合い情報は入ります。条件に合わない、満室だと言って断ってしまえば、共同体としての意味がなくなります(共同受注と相互客付)。自分ではお金にならない情報を誰に伝えれば価値を生むか?この受け皿があなたの街の大家ネットです。


空室ゼロにする120%経営

大家ネットは、お客様からの引合情報を、お互いに分かち合い満室を実現します。この情報のシェアリングにネット商社のように情報の売買はしません。自分のアパートを満室にすることが大家ネットの目的です。情報の借りは情報で返す。仕事の借りは仕事で返す。お互いさまの心、信義が大家ネットのルールです。大家ネットは、自立して共に助け合う大家の職能団体です。


 →自営大家さんのネットワーク


仲間が、お互いの仕事を熟知し、お互いに気にかけ、営業の手助けをする

仲間内では、情報や知恵の貸し借りを、証文なしで当たり前に行っています。仲間の情報力やネットワークで、売ることの不安から解放され、作ることに集中でき、身軽で、等身大の経営ができるようになります。


当社の役割

大家さん募集中!大家ネットは、(有)産広シーアールが運営しています。当社は、不動産会社ではありません。大家でもありません。成果報酬を請求するネット商社でも営業代行会社でもありません。広告会社です。当社は中立な立場で、賃貸経営ネットワークづくりのお手伝いができます。最適の位置づけにいます。大家さん独自でホームページづくりはいくらでもできます。しかし、ネットワークづくりには、核になるオーガ−ナイザーが必要です。




大家ネットは、(有)産広シーアールが運営しています。当社は、不動産会社ではありません。大家でもありません。成果報酬を請求するネット商社でも営業代行会社でもありません。広告会社です。まだ、大家さんは,インターネットの醍醐味を知らないでいます。大家さんに、ホームページで大家宣言すると、自分で集客できるんだ!と言う”驚きと喜び”を味わっていただきたい。そして、大家さんひとり一人がホームページを持ち、ネットワークを組み、共同受注、相互客付けのできる大家仲間を作っていただきたい。これを実効するメソッドが大家ネットです。

貸し手と借り手でつくる賃貸ネットワーク!大家ネット

通信情報ネットワーク 一社一頁運動!glocal21

☆ライフライン&セイフティネット「結い」☆
the United People of Japan


クリア・ウオーター・リバイバル
水につながるふるさと
Clear Water Revival from Azumino,Shinsyu

(C)インターネット安曇野