人にも自然にもオープンに生きる

心のOSを、競争から共生へ 命令から共感へ

お互いさまの経済 富の分散

労働や情報、時間を仲間にシェアできますか?

私たちは、大競争社会(メガ・コンペティション)の市場経済原理でビジネスをしています。負け組にならないように、孤軍奮闘、会社のため、家族のために必死に頑張っています。このビジネススタイルに不条理を感じながらも、これしかないものと諦め、ストレスの中にしかビジネスは無いものと思い込んでいます。このまま競争が続くとどんどん行き場を失い、自滅してしまうんではないかという不安があります。ところが、何事にも裏表があるように、ビジネスにもあります。


競争をしないで、共に生きようと支え合う中にあるビジネス

人間関係が生み出すビジネスです。共生の中にあるビジネスです。ソーシャルビジネスのキーワードは何か?それは、共感とシェアリング、そして、ネットワークです。分かち合う心です。この自助、互助、扶助はもともと日本人が行じてきたライフスタイルです。勤勉さとお互いさま、大家ネットの精神的風土は、農村社会の村落共同体の精神に起因しています。

ネットワークの象徴的なものにインターネットがあります。インターネットは通信回線で世界中のパソコンを一つに結び、世界を変えてしまいました。今度は、世界中の人々が手を結び、一つになれば、何ができるか、何が起こせるか、私たちの希望です。

ネットワーク社会は、自立した人間が、得意分野を持って、足りない分をネットワークで補い、一人では決して出来ない事をやり遂げてしまう。なんでもそうですが、最初は、誰もがヨチヨチ歩きで人の手を借りなければなりません。最初の内は、仲間から手伝って貰いながら、そのプロセスの中で仕事を覚え、やがては、教えられる立場に育ってゆきます。give and giveから、やがてはgive and takeのお互いさま、シェアリングエコノミーの経済社会になります。この自立への繰り返しが続くことにより、富は分散され、ネットワーク社会は成長してゆきます。


市場を敵とみるか?味方と考えるか?

競争(市場経済原理)から共生へとパラダイムシフトしてみましょう!ひとつの情報は、自分には無意味でも、あの人にとってみれば「これがすべてだ!」と言うケースがあります。自分では直接お金にできない情報を誰に渡してやるか?この度量とこれをうまく伝えるシェアリングのネットワーク(仕組み)があれば、おかげさま、お互いさまと言えるコストを限りなくゼロにする経済システムができます。

周りを競争相手と捉えると、すべての事業費を自分で負担するしかありません。お互いに相殺し合える仲間がいないからです。心や情報のシェアリングに証文のやり取りはありません。時間が経ってみると心の貸借表がピッタと合うものです。親切にお金で感謝するのではなく、親切には親切で返す。仕事の借りは仕事で返す。情報は情報で報いる。これが大家ネットの礼儀です。お互いさまの等価交換は、これからの経済システムを大きく変えます。

お互いに知り合った仲間が、お互いの仕事を熟知し、お互いに気にかけ、機会あるごとに広め、帰属するネットワークの情報力を高めることで、みんなが売ることの不安から解放され、作ることに集中でき、身軽で、等身大の経営ができるようになります。

 →賃貸のシェアリングエコノミー


民間による社会福祉政策

ひとり一人が主となり、心をひとつにしてお互いに結び合えば、”the United People of the World”のお互いさまのネットワークができます。生きてゆく基盤(セーフティネット)です。Give and Take(お互いさま)の共助システムが生まれます。今、私たちは、民間の知恵と力で、社会的弱者にスマートに手を貸す仕組みが求められています。日本の社会には、人付き合い(地域共同体)と言っても良いかもしれませんが、これを上手く生かした暮らしや仕事の仕方があります。

結いといいます。

農村社会の暮らしや仕事の中に、物や時間や労働の価値交換、相殺をしながら、お互いさまの気持ちによって、あまりお金をかけなくとも、豊かな生活をする知恵があります。大家ネットの原型はこの農村社会の村落共同体の精神にあります(ネットワーク経済社会)。近所付き合いに見る”おかげさま、おたがいさま”の連帯意識です。


日本文化が生んだシェアリングエコノミー

AirbnbやUberといった米国発のサービスは、AirbnbやUberに富が一極集中するビジネスモデルです。大家さんが、ホームページを持ち、オープンネットワークにつながると、関心のあるお客様から大家さんにレスポンス(引き合い)があります。大家さんは、この引合情報を成約に結びつけます。ここで、成約にならなかったお客様を地域の大家さんにシェアします。共同集客、相互客付け(Give and Take)しながら経費を掛けずに満室経営を担保する大家さんのセイフティーネットです。

ここでの情報の貸し借りに証文はご法度です。時間が経ってみると心の貸借表がピッタと合うものです。仕事の借りは仕事で返す。情報は情報で報いる。これが大家ネットの掟です。この前提があって初めて、事業コストを下げ、生産性を上げ、商品コストを下げ、利便性を上げる。結果、日本のアパートを構造的に安くすることが可能になります。

お客様情報が、大家さんによって分散処理されるため大きな管理機構を必要としません。コンピュータープログラム(AI)で管理するのではなく、大家が理念に共感し、仕事の中で培ったグループウェアが、業務の調整をします。


 →日本人の生活様式 暮らしの中にあるビジネス

 →共感経営 その気にさせる!理と情の経営 ありがとうの経営

 →アパート業界の精神的風土 お客さんと言う概念がない

 →高齢者のエンリッチメント政策 生きている実感 ストップ・ザ・無縁社会

 →アパート学生大家のネットワーク 学生課御中 大学大家ネットを!

 →デフレ不況下の成長戦略 事例:アパート賃貸


 お申し込み方法 →大家さん募集 シェアする心!


大家ネット構想 Step_1 ホームページ大家  Step_2 ネットワーク大家  Step_3 ソーシャルネットワーク大家


あなたが街のホームページ大家!


アパート大家の全国ネットワーク!大家ネット

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 山梨県 長野県 富山県 石川県 福井県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

 →アパート入居者募集! 大家 賃貸 物件 直接 交渉 契約 取引 応相談!します。



大家ネットは、(有)産広シーアールが運営しています。当社は、不動産会社ではありません。大家でもありません。成果報酬を請求するネット商社でも営業代行会社でもありません。広告会社です。まだ、大家さんは,インターネットの醍醐味を知らないでいます。大家さんに、ホームページで大家宣言すると、自分で集客できるんだ!と言う”驚きと喜び”を味わっていただきたい。そして、大家さんひとり一人がホームページを持ち、ネットワークを組み、共同受注、相互客付けのできる大家仲間を作っていただきたい。これを実効するメソッドが大家ネットです。

貸し手と借り手でつくる賃貸ネットワーク!大家ネット

通信情報ネットワーク 一社一頁運動!glocal21

☆ライフライン&セイフティネット「結い」☆
the United People of Japan


クリア・ウオーター・リバイバル
水につながるふるさと
Clear Water Revival from Azumino,Shinsyu

(C)インターネット安曇野